FC2ブログ

室生寺・・・。


昨日、義母の彼岸参りに奈良に行きました。
あっき~も、私も風邪気味で延期しようか?と思っていたのですが、早めに帰ると
いう事で行く事にしました。
私の祖母に・・・、行こうか迷ってると言うと、「あっちゃんの風邪は、絶対大丈夫よ~。
行った方がいいよ。」と言われて、決心がつきました。

朝は、バタバタしながら出かけました。(←いつもの事。。。苦笑い
彼岸と言う事もあって、車は多かったと思います。だいたい2時間ちょいで着くのですが、
今日は、無理かな~?って思ってましたが、意外に早く着きました。
昼過ぎに着いて、その足で墓参りへ。。。みんなで、母への供養をしたのでした。

私たち家族が奈良の実家に行くと、昼御飯に、いつも父に連れて行ってもらう所
があります。私たちは、とってもそこが気に入っています!
榛原から名張の方へ行く国道の途中にある「志まづ」と言う和食レストランです。
お子様ランチもありますし、カレーも、うどんもミニ会席もあります。ホントに美味しいです!
IMG_1310.jpg
私が、必ずと言っていいほど注文する「和洋膳」です。和食と洋食と適量に
盛り合わさっていてとっても、美味しいです!!アップロードファイル
IMG_1309.jpg
パパは、天ぷら定食。じいじは、ステーキ定食。あっき~は、もちろんお子様ランチ。

昼御飯を、美味しく頂いて、どこに行こうか~?って事になりました。
じいじは、アニマルランドに行こうか?って提案でしたが、炎天下では日陰がなく
しんどいという事で、室生寺にいこうか?って事になりました。
志まづからは、ものの5分ほど、すぐでした。

ガレージに車を止めて、手前の太鼓橋を渡って行きます。
雄大な自然な景色を眺めながら進みました。
IMG_1320.jpg

仁王門が見えてきました。
IMG_1334.jpg

これが、有名な五重塔です。
10年ぐらい前に台風で木が倒れてきて修復したようです。
IMG_1343.jpg
じいじは「ホントに今日上まで上がるのか~?」って言ってましたが、
あっき~は「上がる~!」って。(どんなかしらんもんな~?)
私も、しんどかったら途中で待ってればいいと思いながら、自然の透明感のある
景色と空気に吸い込まれるように、足が進んで行きました。
でも、最後のこの階段。これが結構きつかった~!滋賀の立木さんの3/5ぐらいの
しんどさかな?(この表現わかる~?)
IMG_1359.jpg

やっと、奥の院が見えてきました。
IMG_1362.jpg

そして、頂上に着きました!そこからも、雄大な景色、寛大な山々が見えました。
IMG_1367.jpg

そこで、ほっと一息付いてお守りを売ってるところを見ていました。
「あれ?弘法大師?高野山?」って・・・。そう、室生寺は、真言宗で弘法さんで
女人高野山なんですって~!
(※高野山は、昔は男の人しか登れなかった(参れなかった)お寺で、女の人が唯一
参れたのがここ室生寺なんです。)
私とあっき~は、2人とも21日(弘法さんの日)に生まれているので毎月
近くの神光院(弘法さん)にお参りに行きます。弘法大師は真言宗で、
弘法さんの日に生まれた私が、真言宗のおうちにお嫁に行って、産まれた
あっき~も、21日(弘法さんの日)に生まれた。これも、縁と思います。。。

そんな、室生寺が、実家のこんな近くにあったのに、行ってなかったし、
話してても気つかなかったみたいです。。。
そして、そのお守りをお父さんが買ってくれました。そうすると・・・、
お寺の方が、「よし!書いてあげる!」ってお守りの袋になにやら書いてくれたのです。
どうも、これはお金がいるみたいで、ご主人は好みで書いてくれると、隣の女の人が
言っていました。私には、無料で書いてくれたのです!
なんと、感動しました!ここに来れたのも、感激してたのに、お守りもお父さんが
買ってくれて、その袋に札所みたいな文字を書いてくれた。
今日は来て良かったな~!って。何げなく来たというよりは、引きつけられて来た
と言う感じがして仕方なかったです。
IMG_1392.jpg

そして、もと来た道を4人で帰って行きました。とっても、気持ちの良いところでした。
IMG_1378.jpgIMG_1379.jpgIMG_1384.jpg

今回は、風邪で延期しようか?って思っていたのが、何気におばあちゃんの一言で
行く事にし、こんな素敵な日を過ごせたのに感謝です。行って良かった~!
これからは、毎年1回は室生寺を訪れようと思います。
室生寺は、新緑、紅葉はもちろん「しゃくなげ」がとっても有名みたいです。
IMG_1388.jpg

お父さんにもらった、お守り大切にします。

P.S. ホントは、子授かりのお守りも買ってくれたのです・・・。苦笑いこればっかりはなぁ~。
    でも、嬉しかったです。ありがとう!

室生寺
http://www.murouji.or.jp/



京都市美術館へ | Home | オークション出品

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/09/30 (Tue) 21:22 | # | | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ